2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

超ひだまつり in 日本武道館

「超ひだまつり in 日本武道館」出演者(敬称略)

・阿澄佳奈(ゆの役・以下アスミス)
・水橋かおり(宮子役・以下ミズハス)
・新谷良子(沙英役・以下シンタス)
・原田ひとみ(乃莉役・以下ダチャーン)
・小見川千明(なずな役・以下オミガス)
・松来未祐(吉野屋先生役・以下マツキス)
・チョー(校長先生役)
・marble(miccoと菊池達也の2人、ED担当)
・蒼樹うめ(うめ先生役で原作者、以下ウメス)
・吉田尚紀(超ひだまつり3度目のMC、以下よっぴー)
Cdc1f9cee5f69f604b04e294301235b2a36
「ひだまりスケッチ×ハニカム」のイベント「超ひだまつり in 日本武道館」に行ってきました。超ひだまつりの開催は約3年ぶり。
 日本武道館に行くのは、田村ゆかりのコンサート以来(この時は友人の依頼で物販だけ)、中に入るのに至っては、某アイドルグループのコンサート以来で約20年ぶり。

 会場に着いたのは午前7時前。既に物販列は場外の橋までできていました(約500人くらい)。暫くして列を整理して武道館の2階の外側に並ばせる形に。物販ですが、割とスムーズで、自分で開始後大体40分で終わりました。
購入したのは、ひだまリストバンド(吉野屋先生の応援セット)(1500円)とハニカムTシャツ(2000円)。今回は珍しくパンフがありませんでした。

・事前に注文表を配布して希望個数を書かせた
・レジはクレジットカード専用を含めて20近くあった
・商品の金額がプレメモのブースター以外全て500円単位

 どっかのTCGカンパニーに見習って欲しいレベルです(笑)

 その後は武道館の周りをぶらぶらと。
 寄せ書きに参加したり、他のひだまらーとお話して時間を過ごしました。
 17時開場予定でしたが、開場は30分遅れに。入場列が落ち着いた18時前に、友人とともに入場。座席は2階南西H列(持っていたのはこの1列 前でしたが、友人と席を交換しました)。座席的にちょっと不安でしたが、思ったよりは間違いなく見易かったです。でもやっぱりアリーナ席行きたかった…

 18時30分開演。前説で作品担当のアニプレックスの高橋祐馬さん(愛称ユマス)が「(前回の超ひだまつりに続いて)また30分遅れにしてしまい申し訳ありません」と謝罪。(まるで成長していない…w)
 ステージには白い幕が張られており、後ろにセットが用意されている様子。
 いつものアニメのOPでスタート。ステージ裏トークみたいになっていて、ミズハス・シンタス・ダチャーンが皆アスミスと名乗り、オミガスはマツ キスを名乗るという初っ端からカオス状態w 本物のアスミスが出てこない、という事で、よっぴーが事情を説明。するとゆのっちのぬいぐるみが布団に入って出てこず、やる気なし状態。つまり、「ゆのさん@がんばらない」です。(「ささみさん@がんばらない」はひだまりとスタッフがほぼ同じなのでBGMは普通に使えましたbyよっぴー)
 そこで目を覚ませよう、という事で、モニターにはどうみても全日本仮装○賞のパクリの映像がw タイトルは

「ゆのちゃんの全日本歌唱大賞」

 まず、マツキスとmiccoさんが桃太郎を歌うが、マツキスはイヌ・サル・キジの被り物をしたマネキン3体を引き連れての登場。20点満点だったものの、ゆのっち目覚めず。悪夢を見ていたようで、ぬいぐるみがベッドの隙間に挟まれていました(笑)
 「松来さんの衣装は引田天功かw」byよっぴー
 次にチョーさんと菊池さんが登場し、ひなまつりの歌をひだまつりバージョンの替え歌に。チョーさんは前回の超ひだまつりで使ってた校長の仮面を 被って登場。勿論20点満点で、ゆのっち漸くお目覚め(ぬいぐるみが逆立ちしてました)。これでやっと超ひだまつりの真のOPに。
 今回は武道館の歴史をちょっとパロりつつのOP。そして白い幕が外され、ステージにはひだまり荘が。まさかの超ひだまつりZの再現に。ひだまり荘の住人5人の声優(アスミス・ミズハス・シンタス・ダチャーン・オミガス)がそれぞれの扉から登場してまず1曲。

1.おーぷん☆きゃんぱす

 歌い終わった後、他の出演者も登場。マツキスは胸に赤い大きなハートの衣装でどこのプリ○ュアかとw そしてチョーさんの衣装は今回の超ひだまつりのイベント公式看板イラストとほぼ同じ、エルビス=プレスリー風の衣装に。
 ここでよっぴーから1つ情報が。今回の超ひだまつりの座席数は8256席で、これはハニカムからとった、との事。
 丸イスがセットされ、トークへ。テーマは(ひだまりスケッチの)4期について。若さを強調するオミガス(出演者中、唯一の平成生まれ。マツキスとは干支1まわり違う、との事)に、やたら反応するシンタスなどw
 あと、曲中の踊りは(3期から登場なのに)オミガスから教わったとの事(オミガスハイスペック説がw)。
 ある程度トークが進んだところで呼び出し音が。会場の外にウメス(のぬいぐるみ)が。23時間前に熱海を出発し、会場に向かったとの事。スクリーンに映像が流れるが、どう見ても観光です本当に(ry で、会場着く直前で力尽きた、という事で次のコーナーに。

「ハニカムチャレンジ」

 ひだまり荘の5人+MC以外の残りの出演者から1人の6人で、与えられた課題に中央のステージでチャレンジ、全員成功すればウメスが少し復活する、というルール。

・ひだまり算
 ひだまりスケッチに関する数字の計算をするゲーム。助っ人は無理やり菊池さんに。

1人目オミガス 385+16=401(○)
2人目シンタス 385+29=414(○)(ここでダチャーン不安になり一時脱走w)
3人目アスミス 385+40000=40385(○)
4人目ダチャーン 385+202=587(○)
5人目ミズハス 385+385=770(○)
6人目菊池さん 385+727=1112(1142と答えて×)

で、結果は失敗。次のゲームの準備の間に、恒例のパロディCM。まずは金麦のパロで吉麦。

・獣人投げ
 「ひだまりラジオ」のコーナーである「ひだまり荘の獣人」に来た投稿で、「これはヤバイ」というのを6通持って来た、との事。これをステージ上のごみ箱に投げ入れるゲーム。助っ人は自ら立候補したmiccoさん。ちなみに、成功した分は、今後ラジオ内で読まれる事に。

1人目miccoさん ○
2人目ミズハス ○(「フリスク食べたから」byミズハス)
3人目シンタス ○
4人目ダチャーン ○
5人目オミガス ○
6人目アスミス ×(もう明らかに投げ方がヤバそうだった)

で、結果は失敗。ゲーム間のCMは、恒例の明治安田生命。とうとうCM後に「明治安田生命さんごめんなさい。でも大好きです。」というおわびコメントが映し出されるw

・ひだ並べ
 「考える人」や「小便小僧」(もちろんサイズは小さめ)などの芸術品7つ(全てシャフトにあったモノor世界堂で買ったモノ)を1人ずつ安い順番に並べていくゲーム。助っ人は芸術関連のゲーム、という事でマツキス。ちなみに一番高いモノは1チョー円w

1人目アスミス→幾何学的なデザインなのを選び×

 一番安いのは、ガチャガチャで引いたモノでした、との事。
 これではマツキスが助っ人で来た意味がないので、エキシビションでマツキスに2番目に高いモノを選んでもらう事に。で、選んだのが「小便小僧」の像で、抱いて持って行く様子にいろいろ突っ込まれる。(ちなみに2番目に高いのは「考える人」の像でした)
 ゲーム間のCM、次はTOYOTAのCMのパクリ。
 「今回はマスコミも一切入れていません」byよっぴー

・飛打魔裏演武
 要は瓦割り。そして瓦の横には黒子が。助っ人はまだ出てないチョーさん。
 ここでルール変更で、このゲームが成功したらウメス完全復活、という事に。

1人目チョーさん ○
2人目ミズハス ○
3人目オミガス ○(デビュー作のCMで経験済みでした)
4人目ダチャーン ○(?)(割る前に「ダメだったら(胸で)挟んで割れ!」byミズハス)
5人目シンタス ○(?)(やる前に黒子と打ち合わせしてましたw)

 (?)付きは、不正は無かった、という事でw
 ここまでは割る枚数は1枚。最後のアスミスも1枚・・・の予定でしたが、チョーさんのリクエストで2枚に。

6人目アスミス ○(「私が主演女優賞だ!!」と叫んでぶち割ったw)

 という事で、全員成功でウメスは無事復活。そしてウメスが中央ステージ下から登場、で、ゴール。
 ウメス「今まで生きてきた中で一番幸せです!」
 そして皆でサライを大合唱したのでした。

(注:これは「ひだまりスケッチ×ハニカム」のイベントです)

 ここで次のコーナーの準備、という事でスクリーンに映像が。BGMはドラゴンボールのEDのロマンチックあげるよ。「次は戦いがテーマ」とでました。ちなみにこの時点で40分押しだそうです。

「戦い」がテーマとなる次のコーナーは・・・

「蒼樹うめ アシスタント王決定戦」
 王になった人には、本当にアシスタントをやってもらう、との事。リーグに分かれてのトーナメント戦。リーグ分けは

センスあるリーグ(略してセリーグ)→ミズハス・チョーさん・ダチャーン・オミガス
パンチ力あるリーグ(略してパリーグ)→マツキス・シンタス・miccoさん・菊池さん
(パンチ力については察して下さいw)
あすみさんリーグ(略してアリーグ)→アスミス(要はシード)

ここでアスミスが描く「ひだまりスケッチちゃん」の称賛VTRが。
アメリカ国民だけでなく、ジミー=ヘンダーソン、そしてオバマ大統領までw
てかまたオバマさんですかwww

各リーグを勝ち抜いた人で決勝をやる形式。基本は1VS1で審判は対戦者以外のゲーム参加者。

1回戦:イラストしりとり
 あらかじめウメスにイラストを発注し、そのイラストが何を書いているかを考えて、しりとりになるように絵を描いてもらうルール。

セリーグ1回戦:ミズハスVSチョーさん、ダチャーンVSオミガス(お題は全員同じです)
ウメスの絵はアイドルみたいな絵。ちなみにシードのアスミスも特別参加。
最初に披露したアスミスの絵は、アイドル→ルンバ(掃除機ですね)。

ミズハス:アイドル→ルンルン気分のマツキス(ミズハス、ここでもマツキスいじりw)
チョーさん:スター→アスミスの脚
(5-2でミズハス勝利)

ダチャーン:シンガー→柄モノTシャツ(ダチャーン絵恒例の胸強調されてます)
オミガス:ライブ→ぶた(「今日のご飯はとんトロだったの(はぁと)」)
(3-4でオミガス勝利)

パリーグ1回戦:マツキスVSシンタス、miccoさんVS菊池さん(お題は全員同じです)
ウメスの絵は菱餅。今回もアスミスが最初に披露。
アスミス:菱餅→ちらばった桜であそぶウメス(先程のサライの時の特効で桜吹雪が舞っています)

マツキス:菱餅→CHA-CHA(これはまた懐かしいネタを・・・そしてこれに食いつくオミガスw)
シンタス:菱餅→塵も積もれば山となる(山がどう見てもごま塩おにぎりにしか見えなかったw)
(4-3でマツキス勝利)

miccoさん:お菓子→鹿の親子(micco&達也バージョン)
菊池さん:ひなまつりに飾るやつ→つっぱり(剃り込みいれるのを忘れたらしい)
(1-6で菊池さん勝利)

準決勝:穴うめ4コマ
 こちらもあらかじめウメスに4コママンガの3コマ目まで描いてきてもらい、4コマ目(オチ)を考えてみる、というルール。内容としては、武道館の上には?だと思われ。今回もアスミスも参加。
アスミス→ウメス(予想通りでしたw)

ミズハスVSオミガス
ミズハス→反対側から見るとマツキスの顔が・・・
オミガス→降りられないウメス
(5-2でミズハス勝利)

マツキスVS菊池さん
マツキス→スライム LV8(ドラクエ最新作やっているらしい)
菊池さん→お内裏様が頭に被っていたのは武道館だった
(2-5で菊池さん勝利)

決勝:利き手と逆スケッチ
 タイトル通り、利き手と逆の手で絵を描いてもらうルール。お題は「自分の好きなキャラ(他作品可)」。まず、ウメスが自分のキャラを披露。流石の上手さです。

ミズハス(右利き)→宮ちゃん(利き手と逆で描いたとは思えないほど上手い)
アスミス(右利き)→ひだまりスケッチちゃんバージョンのゆのっち
菊池さん(左利き)→目玉オヤジ(こちらも結構上手い)

決勝は敗れた6人に加え、ウメスも審判に参加。
ミズハス4票、アスミス1票、菊池さん2票でミズハス優勝。
ここで驚きの副賞が。

副賞:蒼樹うめ&水橋かおりで漫画家デビュー(実際に「まんがタイムきららキャラット」で1ページ描いてもらう)

「松来未祐物語」描きます!byミズハス

このコーナー終了時点で既に21時10分。ぽつぽつと会場を後にする人が・・・

 そしていよいよライブコーナーに突入。
 今回は初めて超ひだまつりに参加するひだまらーにも楽しんでもらえるように、ステージ両側などにあるスクリーンに歌詞が出るようになっていました。

2.できるかなって☆☆☆(ひだまり荘5人)
3.?でわっしょい(ひだまり荘5人+吉野屋先生)
4.さくらさくら咲く~あの日君を待つ(marble)
5.流星レコード(ウメス with marble)
6.誰かがまってる→笑うかどにはパンパンパン!(アスミス)
7.Wおとこのこパズル(チョーさん&菊池さん、新ユニット「ネオmarble」)(和服で登場)
8.ヒトリゴト ~I hope my feeling will reach you~(菊池さん)
 (この曲で吉野屋先生に告白するも、結果は・・・)
9.夢ぐも(marble)
 ここでmiccoさんがEDアニメーションの衣装で登場。更に曲の途中でひだまり荘の5人も同じ衣装(勿論色違い)で登場。何とシンタスはリアル沙英さん(ショートカット&メガネ)になってました。

歌い終わった後、更にウメスも同じ衣装で登場。

10.とびきりスイッチ(ウメス)
 ウメスがいるステージが上に上がっていき、更に大量のシャボン玉の演出が。
 「見ちゃダメ(はぁと)」で萌壊する人続出w

 マツキスもやはり同様の衣装で登場して・・・

11.ひだまりスケッチメドレー
(スケッチスイッチ→できるかなって☆☆☆→さくらさくら咲く~あの日君を待つ→夢ぐも→?でわっしょい→nora→気まぐれ、じゃんけんポンっ!→流星レコード→芽生えドライブ→おーぷん☆きゃんぱす)

 「?でわっしょい」をチョーさん&菊池さんで歌う、という斬新なパターンも。
 更に「気まぐれ、じゃんけんポンっ!」ではアリーナ席に6色(ひだまり荘の6人のイメージカラーのオレンジ・黄色・ピンク・青・緑・白)の巨大風船が。割れると中から沢山の風船が、という仕掛けだったのですが、半分位が中々割れずにずっと飛び交う状態に。

 そしてアンコールへ。スクリーンに校長先生が登場し、いつものパターンで煽る。
 で、チョーさん登場。

EN1.ひだまりのみんなに会いに行こう(チョーさん)
 勿論これはチョーさんの自作曲ですw
 更に、時間が押しているにもかかわらず、アリーナ→1階→2階の順でウェーブも。アリーナと1階は往復しましたが、2階は片道で強制終了w
 そして出演者が全員登場し、「まだ見てもらっていないCMがある」という事で、そのCM。内容は・・・

「沙英ヒロ卒業編 制作決定」

の発表が。更にここで、今回療養中で参加できなかった後藤邑子さん(ヒロ役)からの手紙をよっぴーが読むことに。しんみりとする中、スクリーンに は「霊長類最強の男」アレクサンダー=カレリン(後藤さん本人使用希望映像)が。更に半端なく上手いヒロさんの絵、そして「何度でもよみがえるさ!」とコ メントのついたムスカ様の絵(どちらも後藤さんが描いています)が。しんみりとする中にこういうアクセントをつけるあたり、流石ゴトゥーザ様ですw

EN2.HIDAMARILAND GO LAND
 この雰囲気でこれは涙腺完全崩壊レベルに。

EN3.スケッチスイッチ(サビのみ6連)
 前回の超ひだまつりのラストで歌ったスケッチスイッチ×☆☆☆(別名エンドレススケスイ)のサビだけを6回繰り返し。最後なので出演者皆跳ねる跳ねる。

 最後に出演者がそれぞれ一言言って終了。終わったのは22時50分でした。
 終了後急いで会場内の仕込みをチェック。結構いろいろ仕込まれてました。
201303032259001 201303032300000201303032303000  更に、アリーナ席の方から前述の風船(乃莉ちゃんカラー)を1つ御裾分けしてもらいました。これを読んでいる可能性は低いと思いますが、本当に有難うございました。
201303032349000

ここからは、感想とかいろいろ書いてみます。

☆「加古川の人帰られへん」
 元ネタが分かる人は、どういう意味かわかると思いますw
 開演18時30分で終了22時50分。翌日が平日でこれは流石にマズい気が。
 イベント途中で泣く泣く会場を後にする人が結構見られました。自分の左にいた2人も、途中でいなくなってしまいましたし。自分みたいに、翌日も 休みで泊まる場所を確保してる人はまだしも、その日の夜行バスなどで帰ろうとしてた人は結構いた筈。会場スケジュールの都合上、開演予定を18時にしたの は致し方ないので、やはり問題はイベント内のコーナーが間延びしてしまった事。ライブパート開始の時点で既に2時間40分経過は流石に時間が掛かりすぎ。 ハニカムチャレンジは正直、獣人投げと瓦割りだけで良かったかと。

☆ひだまり王
 以前行われた「ひだまり王決定戦」の優勝者と初めて御会いする事ができました。
 この方が「4期をやって欲しい」と言ってくれたおかげで、今回の武道館まで繋がってますからね。
 サインをお願いしたところ、快くしていただきました。本当に有難うございました。
 ちなみにひだまり王も席は2階だったそうです。

☆なんとなく予想できた・・・かな?
 個人的なのですが、ひだまりスケッチのイベントは割とよく、風船を使うイメージが。
・1期特別編DVDイベント→アスミスがまさかの風船配り
(風船配りは2期の前にも第2弾がありました。この時はコスプレした方が配ってましたが)
・超ひだまつり→バルーンファイトなど
・超ひだまつり-2~4時間テレビ-→ラストで800個降らせた
 会場に入った時、天井に特に何も無かったので、「これは巨大なのを投げ入れるかも?」と思ったら案の定でしたw

☆リピーター
 自分は、これが3度目の超ひだまつり参戦でしたが、今回は友人4人と参戦しました。うち3人はこれが初参戦。終わった後には、すっかり超ひだま つりの虜になってました。映像化できない(てかしちゃいけないレベル)だけに、相変わらずのやりたい放題がやっぱり超ひだまつりの魅力の1つ、ですね。勿 論ライブパートの楽しさも。イベレポにも書きましたが、初めて参加するひだまらーの為にスクリーンに歌詞を出したのは良い判断。こういう事がリピーターに 繋がるんだと思います。

 こうなると、ゴトゥーザ様の戻れる場所を作る為にも、超ひだまつり第5弾は絶対に必要になってきますね。武道館がほぼ満員になりましたし、次やるとしたら幕張あたりかな?
 あ、今度開催がある時は土曜日でお願いしますw

「超☆ひだまつり -2~4時間テレビ-」@パシフィコ横浜

 2月20日にパシフィコ横浜で開催された、「ひだまりスケッチ×☆☆☆」のイベント「超☆ひだまつり -2~4時間テレビ-」に行ってきました。昨年のゆいにゃん(榊原ゆいさん)のバースデーライブで初めて行った会場ですが、まさか半年も経たないうちに再びここに来る事になるとは(笑)
 同じ日の昼に「Crush Tears」のイベントがあり、先にそちらに行ってた為、パシフィコ横浜に着いたのは13時前。既に物販には多くの人が並んでいたので、この段階で物販に並ぶのは回避。mixiのひだまりスケッチアニメ版コミュで告知されていた寄せ書き色紙をやっていた場所へ。そこで色紙にいろいろ書いたり、他のひだまらーの方とお話したりして暫く時間を過ごしました。そんな中で1つの思いがけない幸運が。自分が持っていたチケットは3階7列目ほぼ中央(40番台)で、3階最前列。恐らく跳んだりできない場所だったのですが、他のひだまらーの方でチケットを余らせている方がいて、「チケットを余らせるのも勿体無いから」と無料でチケットを交換してくれました。席は1階16列目の10番台でかなり左寄り。これで一気にテンションが上がりました。本当に感謝致します。15時頃になり、物販が大分落ち着いたようなので、とりあえずパンフレット(1500円)を購入。
201002240240000
今回のパンフレット。中身は同学年キャラの対談や事前にWEBで行われていたアンケートの結果など。表紙絵は今回のイベントの為の、シャフトの伊藤さんの書き下ろし。 

 そして、速攻で売り切れた紅白ひだまんじゅうや携帯ストラップなどが開場後の物販で若干数販売される事が分かり、その物販狙いで、入り口から少し離れた場所で入場列整理開始を待機。15時30分頃にそれが始まり、速攻で並んだ結果、最初の10人以内に入る事に成功。16時30分の開場まで待機。
 16時30分、開場。急いで物販へ移動し、欲しかった紅白ひだまんじゅう(800円)と携帯ストラップ(600円)を無事購入成功。
201002240241000
開場前物販であっという間に売り切れた、紅白ひだまんじゅう。早い段階で売り切れた最大の理由は、中に入っている6種類の「おめでたいシール」がランダムに1枚封入されている為。ちなみにまだ開けてません。行きつけの店に土産として持っていくので・・・

 で、ホール内へ・・・のところなのですが、そちらはまだ開いておらず、暫くロビーで待機。17時頃、漸くホール内に入れるようになり、席を確認。ステージは随所に☆が散りばめられており、中央には大型スクリーンと登場口。さらに天井に黒い布で覆われた何かが仕掛けられていました(球体っぽいのが見えたので想像はできました。この時点で、こりゃイベント終わった後はゆいにゃんバースデーと同じ状態になりそうだな、と)。ホール内開放が遅れた為、開演予定時刻の17時30分になっても始める気配無し。17時45分頃、アニプレックスの高橋祐馬さん(以下ユマス)が、開場が遅れてしまった事に対する御詫びと、開演にもう少し時間がかかりそうなので、今のうちにトイレに行っておいてください、との告知。一旦ホールの外に出て、缶コーヒーを飲んで一服。トイレも済ませて再びホール内に戻る。

 18時、漸く開演。大型スクリーンに演説する校長が映し出され、各階のひだまらーを煽る煽る。そんな中でも「皆さん元気ですかー、と言ったら…ってほら前回と同じように引っかかってる。テープよ、これ」とやってくるあたりは流石です(笑)。そしてここでアメリカの白い家(笑)と衛星中継が繋がり、オ○マ大統領の演説が流れ出す。ただし、字幕は都合の良い様に改編されていました。てかこの時点でもうDVD化不可能(笑)。で、サンダーバードのテーマでカウントダウン。ウメス(原作者蒼樹うめ先生のキャラクター)が発射され、イベント開始。まずは阿澄佳奈さん(ゆの役、以下アスミス)・水橋かおりさん(宮子役、以下ミズハス)・後藤邑子さん(ヒロ役、以下ゴトゥース)・新谷良子さん(沙英役、以下シンタス)が登場。

1.「できるかなって☆☆☆」(「ひだまりスケッチ×☆☆☆」OP)

入れ替わりでmarble登場。

2.「さくらさくら咲く~あの日君を待つ 空と同じで~」(「ひだまりスケッチ×☆☆☆」ED)

 歌が終わったところで、先に歌った4人が再びステージに。そして進行役としてニッポン放送の吉田尚記アナ(2007年11月18日に横浜BLITZで開催された「超ひだまつり」でも進行役を務め、ひだまりのイベントでは2度目の進行役)が、さらに松来未祐さん(吉野屋先生役、以下マツキス)・原田ひとみさん(乃莉役、以下ダチャーン)・小見川千明さん(なずな役、以下オミガス)が登場し、まずは挨拶。☆☆☆から登場のダチャーン・オミガスは、吉田アナから「初めての空気はどうですか」と訊かれ、

ダチャーン「夢のようです」
オミガス「お客さんの顔が見えて、少し安心しました」

 ここで次のコーナーの準備の為、全員ステージから引く。大型スクリーンにはCMが。「超ひだまつり」でもあった、パロディCMが今回も。ここで流れたのは通信講座のユー○ャンのパロディで、社名が「ユノキャン」に(笑)。ステージに、ゆの・宮子・ヒロ・沙英・吉野屋先生・乃莉・なずな、そして何故かTBSのキャラクターである黒豚のBooboくんのぬいぐるみが登場し、最初のコーナー。

コーナー1.見えるひだまりラジオ エピソードⅠ ファントム・ウメス

 トークは「どんな人にこのぬいぐるみを貰われていきたいか」。それぞれのキャラのぬいぐるみの声は、勿論そのキャラの声優が声を当てていましたが、何故かBooboくんにも声が。そしてその声は後にmarbleの菊池さんだった事が判明。で、どんな人がいいか、というと、

沙英「普通の人」(やっぱり絶望先生ネタかw)
乃莉「下品じゃない人」
なずな「生きていれば誰でも」
宮子「ぬいぐるみを沢山持っている人。101人目になりたい」
ヒロ「大きな権力のある人」(中の人の欲望・・・w)
吉野屋先生「こい・・・」と言ったら何故か「ラーメン大好き小池さん」にされる(笑)
ゆの「かわいくって優しくっていじられキャラの、あで始まる(以下略)」

 その後、ステージにダチャーン&オミガス→ミズハス&ゴトゥース&シンタス→マツキス&marbleのmiccoさんの順で登場し、それぞれの演じているキャラのぬいぐるみ(miccoさんはBooboくん)を持って行ったのですが、途中でゆのと吉野屋先生のぬいぐるみが逆さにされたり、ゴトゥースがBooboくんの頭を何回も押してブーブー鳴かせたり、ゆののぬいぐるみの髪型をおかっぱにしたりするなど、いろんな意味で大惨事に(笑)
 残されたゆの(のぬいぐるみ)。そこに「私は神だ」との声とともに、ウメスのぬいぐるみが登場。「お前の願いを1つ叶えてやろう。この会場で№1の美少女を呼ぼう」。すると、原作者の蒼樹うめ先生(以下うめてんてー)登場。「この子を主人公にした漫画を描こう。タイトルはひだまりスケッチ!」 。という訳で、これでオチがつきましたとさ。ちなみにうめてんてー、ステージパスをつけたまま登場しちゃって、他のキャストの方々にいじられちゃってました。次のコーナーの前にCM。ネタは「エンジョイCM!」

コーナー2.出張ひだまり鑑定団 inパシフィコ横浜

 元ネタは分かりますね(笑)。鑑定するのはキャストの7人。最初の依頼人はユマス。鑑定する品は、アニプレックスから持って来た「超ひだまつり」のDVDと台本、そしてシャフトから持って来た(本来ならシャフトの人が来る予定だったが、「それどころじゃない」との事)、ゆのの目覚まし時計・ブルータスの胸像(アスミス・マツキス・校長先生役のチョーさんのサイン入り)・校長先生の胸像(頭が曲がっているのと曲がっていないのとの2バージョン)。本人評価額はアニプレックス分が10万円、シャフト分が20万円。キャストから「リアルだね」とのツッコミが。で、鑑定結果は

アニプレックス分→365兆円(「流出するとヤバ過ぎるからダメ」という事で、こんなとんでもない金額に)
シャフト分→180万5000円(内訳は、目覚まし時計が5000円、ブルータスの胸像が「サインが入っているので」0円、校長の曲がっている胸像が100万円、曲がっていない胸像が80万円。ユマス「そのくらいの金額があれば、今回の赤字をチャラにできるんですけどね」とさらっと暴露w)

 続いての依頼人は、うめてんてー。鑑定する品は、ネタ帳・プリントアウトしたイラストや原稿をまとめたファイル・落書き入りの☆☆☆のアニメ台本。貴重なイラストにキャスト全員大興奮でしばらく鑑定どころじゃ無い状態に(笑)。本人評価額は600円と至って謙虚。鑑定結果は・・・やはりプライスレスに。そりゃこれは鑑定額なんてつけられないでしょ。

鑑定コーナーが終わり、アスミス・ミズハス・ゴトゥース・シンタスが残り、

3.「?でわっしょい」(「ひだまりスケッチ×365」OP)

歌い終わり、再び入れ替わりでmarble登場。

4.「流星レコード」(「ひだまりスケッチ×365」ED)

 歌い終え、marbleと入れ替わりに、校長のお面をつけた人とアスミスがバックダンサーとしてひだまりブラザーズ(ランティスとアニプレックスの方だそうです)を5人引き連れて登場。「ひだザイル」と称し、Choo-Choo-Trainのダンスと千手観音を披露。そして校長のお面を外して現れたのは・・・何と校長先生役のチョーさん。このサプライズには、ひだまらーから大歓声が。この2人が、という事で・・・

5.「おとこのこおんなのこパズル」

何とアスミスとチョーさんの夢のデュエットが。これは貴重。盛り上がったところで次のコーナーに。

コーナー3.ひだトーク

 これも元ネタとなる番組は分かりますねw 要はテーマを設定してのトークコーナー。テーマは順に「気がつけば第3期」「ようこそ新入生」「チョーさんのここがすごい」の3つ。このトークの中で、チョーさんの奥さんも会場に来ている事が判明。で、次のコーナーに行く前にCM。また明治○田生命のCMのパロディが(超ひだまつりでも同じ会社のCMをパロった)。

コーナー4.曜日対抗 ひだまり選手権

 元ネタは勿論新宿でお昼に生放送やってる番組のコーナー。1年生チーム(オミガス&ダチャーン)、2年生チーム(アスミス&ミズハス)、3年生チーム(ゴトゥース&シンタス)、先生チーム(マツキス&チョーさん)、marbleチーム(miccoさん&菊池さん)の5チームによるゲーム対決。優勝チームには三ツ星レストランのペア御食事券がプレゼントされる事に。このコーナーでは、よっぴーに加えて、うめてんてーが進行役に。うめてんてーは審判役も。

1回戦:しりとりお絵描き

 (ひだまらーから見て)左の人が描いた絵を元に、右に座った人が続きとなる絵を描く、というルール。このルールで早くも絵が苦手なシンタスがへこむ状態に。問題は全チーム異なります。解答発表順に書くと・・・

1年生チーム:スティッチ(オミガス)→(痴呆症の)サザエさん(ダチャーン)
 オミガスのスティッチは結構上手く描けてました。これは分かるかな、と思ったらダチャーンがスティッチを思い出せず。描いたのはサザエさん。答えが分かると「痴呆症の」を付けちゃいました。流石にそれはマズいでしょw 当然ポイント無し。

2年生チーム:コロ助(アスミス)→毛糸玉(ミズハス)
 以前はシンタス同様、「画伯」と呼ばれていたアスミス。ところがこのコロ助は上手く描けていました。会場のひだまらーも多くの人が分かったと思われます。ミズハス「あすみんかコロ助かで迷ったけど、しりとりだから」と言ってましたw 1ポイント獲得。

先生チーム:ルフィ(マツキス)→ブリーフ(チョーさん)
 マツキスのルフィも結構上手く描けていました。ところがこちらもチョーさんがルフィを思い出せず。波打った動きをしている腕からウェーブと考えてブリーフを描いた模様。特別裁定で0.5ポイント獲得。

marbleチーム:ダースベイダー(miccoさん)→団子(菊池さん)
 自分はmiccoさんの絵を見て、「アヒル・・・?」と思ってしまいました。答えを知り、「ああ、確かにそうだわ」と。miccoさん、可愛らしく描いていました。菊池さんは「miccoは大雑把にしかものを見てないから」との事で、これがダースベイダーなのは直ぐに分かった様子。しかし、うめてんてーのハウスルール「ダースベーダー」は「だあすべえだ"あ"」となり、次が「あ」で始まらなければならない、という事で0.5ポイント獲得にとどまる。

3年生チーム:ハイジ(シンタス)→じいさん(じじい)(ゴトゥース)
 やっぱりオチにされたシンタスw 絵はブランコらしきモノに人と犬が描かれていて、まともなら「???」でしょう。ところがゴトゥース、「これがブランコで、これが人で、これが犬かと思ったけど、そう考えていくとヤギかと思って」で、何とこの絵をハイジだと理解。これには会場から賞賛の拍手。勿論1ポイント獲得。

2回戦:相性対決

 「~と言えば?」という質問に対し、それぞれが答え、チームで答えが合えばポイント獲得。

第1問「ひだまりの癒しキャラといえば」

時間が無い為、この1問だけに。答えが合えば25万ポイント。

1年生チーム:うめてんてー(オミガス)-なずな(ダチャーン)
2年生チーム:うめてんてー(アスミス)-チョーさん(ミズハス)
3年生チーム:うめてんてー(シンタス)-うめてんてー(ゴトゥース)
先生チーム:うめてんてー(マツキス)-(ゆのの)お風呂のアヒル(チョーさん)
marbleチーム:うめてんてー(miccoさん)-校長先生(菊池さん)

 お風呂のアヒルと答えたチョーさんに、よっぴー「これだけ女性陣がいるなかでがっつりお風呂シーン見ているアピールを」、それに対しチョーさん「いいじゃないか、皆好きだよなあ!?」。これには多くのひだまらーから同意の拍手が(笑) で、3年生チームのみポイント獲得。

第2問:互いの似顔絵を描く

 時間があるみたいで、急遽1問追加。てか既に相性クイズじゃない(笑) こちらも採点順に。採点はうめてんてー。

marbleチーム;菊池さんの絵がマイクを食べかねない程迫力のあるmiccoさんの絵で、危うくmarble解散の危機?(笑)。50ポイント獲得。

1年生チーム:少女マンガのキャラのように眼がキラキラしていたダチャーンのオミガス絵に対し、やたらと胸が強調されていたオミガスのダチャーン絵。確かにダチャーンの胸は(以下略) 5ポイント獲得。

先生チーム:普通に上手いマツキスのチョーさん絵と「心の眼で見た」チョーさんのマツキス絵。30ポイント獲得。

2年生チーム:やっぱりアスミス、絵が上達してました。結構上手くミズハスを描いていました。ミズハスのアスミス絵も上手く描けていました。「接戦にした方がいいですか?」といううめてんてー発言により、この時点で3年生チームと同点に。

3年生チーム:写実的なシンタス絵を描いたゴトゥース、上手過ぎます。そして可愛く仕上げてきたシンタスのゴトゥース絵。5万ポイント獲得。

結果、3年生チーム優勝。ゴトゥース「他のチームに申し訳無い」との事。でもシンタスとゴトゥースのあれだけのチームワーク見せられたら納得でしょう。この2人、「RADIOアニメロミックス」でパーソナリティーとしてコンビを組んでいた事もありますし。ここでアスミス・ミズハス・ゴトゥース・シンタス以外は一旦退く。

6.「スケッチスイッチ」(「ひだまりスケッチ」OP)

歌い終えた後、入れ替わりでmarble登場。

7.「芽生えドライブ」(「ひだまりスケッチ」ED)

 歌い終わった後、出演者全員登場し一言ずつ挨拶。うめてんてー感極まって号泣する場面も。そして全員でこちらの曲。

8.「HIDAMARILAND GO LAND」

 この曲を生で聴いたのはこれが初めて(昨年4月の「超ひだまつりZ」に行っていない為)でした。歌い終わり、出演者全員退き、会場からはアンコールの声が。暫くしてスクリーンに校長登場。「本日の演目はこれにて終了と(えー)終了と(えー)終了と(えーーーー)しません!(うおおおおおおおお!)」 ここから怒濤のアンコールに突入。

 まず登場したのは、うめてんてーとmiccoさん。何とここで即席ユニット「ひだま~ぶる」が結成。

EN1.「さくらさくら咲く~あの日君を待つ 空と同じで~」(ひだま~ぶるver.)

 うめてんてーがバックコーラスで参加。まさかのひだま~ぶるにビックリ。歌い終えた後、再び出演者全員登場。

EN2.「できるかなって☆☆☆」(出演者全員ver.)

 会場再びオレンジ1色に。ラストで黄色とオレンジのテープ砲発射。歌い終えて出演者が退くと再びアンコールの声。暫くすると再びスクリーンに校長登場。「もう開始から3時間半近く経っております。出演者も皆様も体力の限界です。もうこのまま終了(えーーーーー)するのは名残惜しいですよね」、という事で、Wアンコールに。まずは何とチョーさんが1人で登場。

WEN1.「ごみ収集車の歌」

 チョーさん作詞作曲の歌をスポットライトが当たる中で熱唱。歌の後半ではバックバンドのバンマスの菊谷さんがギターを入れ、更に会場のひだまらーで大合唱。
(注:これは「ひだまりスケッチ×☆☆☆」のイベントです)

 歌い終え、出演者全員登場・・・と思いきや、ミズハスだけ登場せず。遅れてミズハス登場。何と「たんけんぼくのまち」のチョーさんコス(眼鏡をかけ帽子を被り、黄色のパーカーの前を閉じる)で登場し、「たんけんぼくのまち」を歌い出すと、再び会場のひだまらーで大合唱。
(注:しつこいようですが、これは「ひだまりスケッチ×☆☆☆」のイベントです)
 チョーさんに事前に知らせずにやったようで、歌い終えた後、チョーさんに土下座してました。そしていよいよこれがラストの曲。

WEN2.「スケッチスイッチ☆☆☆」

 途中までは全員でスケッチスイッチ・・・だったのですが、3サビを6回繰り返す、という凄まじい展開に。この展開に後で「殺人スケスイ」「SKILLスイッチ」などと呼ばれました(笑)。さらにサビを歌う順にも一工夫が。

2回目:ひだまり荘2階チーム(アスミス・ミズハス・オミガス)
3回目:ひだまり荘1階チーム(ゴトゥース・シンタス・ダチャーン)
4回目:先生&micco先生(マツキス・チョーさん・うめてんてー・marble)
5回目:来場皆様(スクリーンに歌詞が映し出される)
6回目:会場にいる全員

 この順で歌いました。さらに6回目(会場にいる全員が歌っている時)には、天井に仕掛けられていた大量(約800個らしい)の黄色とオレンジの風船が降ってくる演出付き。これはいいタイミングで降らせたな、と思いました。歌い終わり、出演者と1階の前の方の客が風船で遊びだす中、よっぴーの「うめ先生にお礼言おうよ!」に場内ひだまらー「ありがとうございました!」。これにはうめてんてー再び感涙。

アスミス「もうウメスが帰ってって言わないとみんな帰らないよ」
うめてんてー「家に帰るまでがひだまつりです、気をつけて帰ってくださいね」

 そしてステージから出演者が退き、最後に校長先生の影ナレと出演者全員による「ありがとうございました」の声で終了。終わったのは21時45分頃で、4時間近い長丁場となりました。終了後、会場内では三本締めが。気持ちがとても幸せになった自分、嬉しくなって近くに落ちていた風船を4つも持ち帰ってしまいました(笑)

201002220736000
持ち帰った4つのうち、3つは無事結び目をほどいてしぼませる事ができましたが、1つだけ結び目をほどくのが無理なのがあり、結局袋に入れてそのまま持ち帰り。折角なので、一緒に見に行った(?)ゆのっちとともに自宅で撮影。

 今回のイベントで不満だったのは物販のやり方くらいです。他はもう「素晴らしい」の一言に尽きる内容でした。自分が行けなかった「超ひだまつりZ」は歌中心の構成でしたが、今回は「超ひだまつり」のようなトークが中心の構成でした。トークも楽しかったし、勿論歌も盛り上がって、ひだまらーとして本当に幸せな時間を過ごす事ができました。「ひだまりスケッチ」のイベントにハズレは無い、と思っていましたが、見事に期待に応えてくれた、いや、期待を大きく上回ってくれました。次にあるとすれば、4期があれば、でしょうが、今から期待せずにはいられないです。

 あと、ユマスによる今回のイベントのアフターレポートがこちらにあるので、これを見ていただけると、今回のイベントの裏側などを楽しめると思います↓

http://togetter.com/li/6642

神戸前向女学院。前向祭2009(ステージイベント編)

ステージは2階のホール。席はステージ正面とすると、見事なまでの右端。ステージは教室のセットが。

 入場で時間がかかった(ホワイエ企画で混んでいた)為、始まったのは、予定より7分遅れ。諸注意などのナレーションが流れたのですが・・・これはどう聴いても若本さんでした(笑)。ちなみに若本さんは名誉会長、という設定。

 麻里奈ちゃんとかな恵ちゃんが赤いジャージ姿で登場し、開会のことば、そしてイベント前日(青春ラジメニアZに出演)に念願の神戸牛を食べた事を、ステージ上のスクリーンを使ってのトーク。ちなみにかな恵ちゃんの髪型が「ひだまりスケッチ」のヒロさんみたいなお団子ヘアーになっていました。

・「前女体操をみんなで踊ろう」

 前女ブログにもアップされている、前女体操を皆でやる企画。まずかな恵ちゃんが見本をみせた後、全員で体操。麻里奈さんが途中で忘れるところも(笑)

・「プロジェクトKY」

 「超豪華声優によるトークショー」とは名ばかりの、ドッキリ企画。その対象である超豪華声優(=ゲスト)は・・・やはり(?)鹿野優以さんでした。まず打ち合わせの映像が流れ、そして「第5回文化批評懇親会」というウソのイベントに呼ばれた鹿野さんが講演会を行い、結婚観などを暫く話していると・・・前女制服に着替えた麻里奈さんとかな恵ちゃんがこっそり登場(かな恵ちゃんは「ドッキリ大成功」のプラカードを持っていた)し、ドッキリである事をばらしました。すると鹿野さんは、かな恵ちゃん(鹿野さんとかな恵ちゃんは青二の先輩後輩)に襲い・・・じゃなくて抱きつきました(笑)。ちなみにこのドッキリ、事務所である青二の全面協力、との事。

・「鹿野さんに質問しちゃおう」

 ゲストの鹿野さんに、2人がどんどん質問していくコーナー。「声優になるきっかけ」や「こんな役をやってみたい」など。

・「シチュエーションエチュード」

 事前に募集していた、「超豪華声優に言って貰いたいセリフ」を使ってのコーナー。2人が箱から紙を引き、それに書かれているセリフを鹿野さんが演じました。3回やって・・・

女大盗賊「今度は貴方のハートを盗むわよ」

武士(プロポーズだがセリフ長すぎでメモできず)

仔猫(猫の鳴き声で)「ご主人様、大好き!」

 ここで鹿野さんと一旦お別れ。

鹿野「お前ら絶対昌鹿野聴け!」「今回読まれた3人は絶対に昌鹿野にメール出せ!」

・「前女ネットアニたま」

 要は前女グッズ紹介。Tシャツ(ステージスタッフの人が結構着ていた)・トートバッグ・タオル・DJCDの4つ。

 このコーナーの後、「今日までの道のり」という事で、今回のイベントの準備の様子がステージ上のスクリーンに流れ、その間に、ステージには机とイス、黒板が。

200911291558000_2

ステージ終了後に撮影。

200911291600000

黒板には校歌が。

・「前女友情物語 ある晴れた日」

 麻里奈さん・かな恵ちゃんにゲストの鹿野さんも加わっての寸劇。鹿野さんも前女制服で登場。

国語の時間 朗読「前女 枕草子」

ネタがアキバとかコミケとか・・・(笑)

鹿野さんが読んだ「秋」の部分はモロにアニたまのネタがwww

理科の時間 「宇宙に行くと、どうーなるの?」

2008年7月24日放送分の「前向き実験室!」の記念すべき1回目の内容がここで復活。かな恵ちゃんがトートバッグから無重力ボタンを取り出して、それを押すと、宇宙遊泳(をしている)状態に。さらにそれを観客にやらせることに・・・

音楽の時間

麻里奈さん→タンバリンに合わせて観客が手拍子

かな恵ちゃん→昨年の公開録音でもやった、リコーダーで「キラキラ星」の演奏

そして鹿野さん。トートバッグに入っていた「あけるな」と書かれた青い封筒を開けると、中には「君にエールを!」のCDが。という訳で、「君にエールを!」を歌う事に。2人はポンポンとタオル(?)を持ってバックダンサーに。

昼休み

麻里奈さんに「ちっちゃいちっちゃい」と言われたかな恵ちゃん、遂にキレて教室を出て行ってしまう。

放課後

午後の授業をサボったかな恵ちゃんが戻ってきて、麻里奈さんが謝ると、かな恵ちゃんも同様に謝る。そして・・・

麻里奈「友達から始めよう」

かな恵「だが断る(笑)」

つまり友達以上の友情が既にあった、という事で、ここで皆で前女校歌を歌う。が、この校歌でかな恵ちゃんへの誕生日ドッキリが発動。

200911292141001

入場時に渡されたパンフレットに挟んであった、ドッキリ実施のお知らせの紙。2番の歌詞の最後を変更する事に。

 最新の放送で既に祝ってもらっただけに、まさか再びここで祝ってもらえると思ってなかったかな恵ちゃん。見事にドッキリ大成功。校歌を歌い終わった後にバースデーケーキが登場。皆でハッピーバースデーを歌い、誕生日を祝って、この劇は終了。

・「前女 大抽選会」

 チケットの半券を使っての抽選。賞品は前女タオル×5・前女Tシャツ×3・鹿野さんCD「君にエールを!」(サイン入り)×2。自分のいたブロックは全く当選者が出ませんでした。

最後に「閉会のことば」を言って、鹿野さんとともにED。

鹿野「意外と楽しかった」

3人がステージからはけて、再び若本さんのナレーションが流れてステージイベント終了。終わったのは16時前で、予定より30分近く遅れる事に。

 麻里奈さんのブログにも書いてありましたが、手作り感満載のイベントで、入場料は昨年の公開録音より1000円高かった(2500円)のですが、値段以上の内容は十二分にありました。さすが前女、期待は裏切らないですね(笑)

神戸前向女学院。前向祭2009(ホワイエ企画編)

 29日に開催された、ラジオ関西の番組「神戸前向女学院。」のイベント「前向祭2009 生き急げ!!!! ~過度な期待はしないで下さい~」に行ってきました。

 会場は阪神春日野道駅を降りてすぐのところにある、西山記念会館。自分は阪急で行ったので、阪急春日野道駅から歩いて5分ほどで到着。会場に着いたのは12時頃で、既に50人くらい並んでいました。13時開場予定でしたが、12時30分過ぎに開場。まず渡されたのがこちら。

200911292140000

今回のイベントのパンフレット。8ページで、中はタイムスケジュールやメインパーソナリティの井上麻里奈さんと伊藤かな恵ちゃんのコメントなど。

 入ってすぐにグッズなどが売っている前女購買部が。さらに中に入ると、1階のロビーはこのようになっていました。

200911292140001

いろいろな展示やスーパーボールすくい、スタンプラリーなどの企画が。

200911291246000

200911291246001

番組の企画で書いた、ガチラブレター(上:麻里奈さん 下:かな恵ちゃん)

200911291642000

200911291642001

200911291643000

前向祭のポスター展。

200911292141000

スタンプラリー(スタンプは麻里奈さんとかな恵ちゃんの手作り)。ヒントはスタンプ設置場所に関することですが、どこもあっさり見つかった為、ほとんど意味なし(笑)

スタンプを3つとも捺すと、ステージイベント終了後に、こちらが貰えました。

200911292142000

麻里奈さん描きおろしのミーシャのポスター。

200911291247000

 等身大の前女生なりきり看板。実は外から見える位置にあり、さすがに顔を出して撮影してもらう勇気は・・・(笑)

 で、スーパーボールすくい(こちらも番組内でやった事有り)は、50個以上すくうと、前女ボールペン(基本的に番組でメール読まれるともらえる)が貰えました。久々にやりましたが、30個ほどでポイがダメに・・・

 このホワイエ企画は、ステージ終了後も17時前までやっていて、スーパーボールすくいは再度チャレンジ。無事50個すくって、前女ボールペンを手に入れました(ちなみにイベント限定色の青だった)。

 ステージの方については後程。

榊原ゆいバースデーライブ「Happy☆LOVE×ライブ2009」。

兼ねてから機会があれば参加したかった、ゆいにゃんバースデーライブ。
知り合いがチケットを確保してくれた為、ついに今年初参加できました。

別のイベント(10/10の専修大学神田鳳祭での日笠陽子さん&佐藤聡美さんトークショー)に参加していたので、ライブ前日に東京入りしていました。ライブ当日、御徒町で一風呂→浅草で買い物&ライブ大成功祈願をしてから横浜へ移動。
開場前物販の列に並んだものの、自分の少し前で切られた為、列から抜けて、充電中の携帯を引き取って、急いで昼食を済ませた後、前述の知り合いと合流。暫く話をした後、開場後物販が大分落ち着いたのを見計らって、一旦別れて自分は物販へ。欲しかったスポーツタオルを購入。この時点でライブグッズはTシャツ・ストラップ・キーホルダーが既に売り切れ。そしてそのまま会場に入る。
200910121427000
大ホールに入り、自分の席を探すと、何と最前列。これは初めてのバースデーライブでとんでもない席が来ちゃった・・・。そして自分の席のほぼ真上を含め、客席の上4ヶ所に明らかに中に何か入っている白い巨大風船が。

15時過ぎに前説が。ここからは、ゆいにゃんコミュのセットリストトピックを拝借致しました。
<前説:神谷明>
声が神谷さんなのは直に分かりました。コナンの小五郎が入っていたみたいですが、コナン全く見てないんで・・・
前説後ほどなくしてライブスタート。ステージ中央のスクリーンに「銀行強盗事件発生」の文字。銀行強盗(男性ダンサー陣)が会場内に逃げ込み、それをL.T.P.D.(ゆいにゃん&女性ダンサー陣)が捕まえる、という設定。

01.selfish
02.ACTION

<MC1+ダンスカンパニー紹介ムービー>

03.Eternal Ring

<MC2>

04.Blue eyes
05.Traveling
06.Beautiful day

<チュチュと知由の掛け合い販促ムービー in パシフィコ横浜 Chu×Chuアイドる2制作決定!>
チュチュと知由がパシフィコ横浜に乗り込み、ゆいにゃんをしばき上げて(ゆいにゃんが縛られている映像もw)ステージジャック。ムービー後、ゆいにゃんがチュチュのコスプレで登場。

07.Festivity

<MC3 チュチュのコスプレ>

08.Home
09.Get Back My Dear Friend
10.Chu×Chu!!

【PV】剣の舞
和テイストのPV。凄く格好良かったです。

11.剣の舞
12.此の花咲ク頃

<MC4>
衣装がメチャクチャエロスw
ふんどし(しかもゆいにゃん本人の要望)だけあって、太腿がモロ見え。

13.ボクノセカイ
14.奇跡の絆(2009mix)

<あゆむのHappy Birthday振り付け講座>
途中で男性ダンサーも登場しての振り付け講座。

15.Happy Birthday
バースデーライブにやっぱりこの曲は欠かせません。
途中、ダンサーがケーキを持って登場。ゆいにゃんがケーキのローソクの火を消すと、上で大きな音が。前述の巨大風船が割れ、中からピンク・水色・黄色(ステージ上の段差の色もこの3色でした)の風船が沢山降ってきました。自分のほぼ真上にあったのは、ほぼ女性専用席に流れましたが、こちらにも結構飛んできて、振り付けどころじゃ無い(笑)

<MC5>

16.It's show time
これはいいミュージカルですね。
ラインダンスなどもやってくれましたし。

<MC6>

17.Try Real!
18.warmth

<榊原ゆい&ダンスカンパニーパフォーマンスタイム BGM:HONEY>
初の試み、との事。
ダンスの切れ味は本当に凄かったです。

【PV】Yeeeeell!

19.Yeeeeell!

<MC7>

20.太陽の咲く星で
21.メチャ恋らんまん☆
ここで来ました、メチャ恋。あの振り付け、自分にはちょっと難しかったです・・・

<にゃんこい1話予告ムービー>

【PV】にゃんだふる!
ネコミミウエイトレスのゆいにゃん、可愛すぎです・・・

22.にゃんだふる!

<MC8>

23.夢の罪 -End in childhood-

<MC9>

24.月聖ノ蒼炎曲
25.愛のGUSH!
26.Eternal Destiny
最後に来ました、エタディス。当然ここで一本だけ用意した大閃光ブルー発動。
あと、特殊効果の音(ステージ真上の火薬が爆発)が凄かった・・・

<APの日曜アンコール劇場 片翼のイカロスのPV一部公開>
まず「日曜アンコール劇場」で壮絶に吹いたw
アンコール恒例らしいですが、これまでは文字だけだったのが、今回はついにAPさんがしゃべったようです。てか完全にノリが「裏VE×れでぃお」だわwww
開港150周年でペリー(ゆいにゃんのモノマネ)とかもう訳分からんしwww
アンコールでこういうのがあると、本当にいいブレイクになりますね。

27.恋の炎

<MC10>

28.真珠のうた

<MC11>

29.片翼のイカロス
30.message!
フラグ立てたのに歌わない訳にはいかんでしょw<イカロス
そして最後は、やはりmessage!。あの一体感は本当に凄かった。

<エンディングトーク>
ゆいにゃん&ダンサーが退いた後、ゆいにゃんコールで再度ゆいにゃん登場。
再び退き、会場が明るくなって三本締めしていると、三たびゆいにゃんが。
そして自分の周りの床は風船とテープだらけになってました(笑)

ホールを出た後は、暫く感激に浸りつつ、持ち帰った風船の縛り口を解いたり、他の方と話したりしていました。今日が仕事じゃなければ、オフ会にも参加したかったのですが・・・
その後、新宿まで移動して夜行バスで帰路の途に。本日朝8時前に帰宅しました。


今回、バースデーライブ初参戦でしたが、これは夢か幻か?と思ったくらいの素晴らしいライブでした。
とにかく、メチャクチャ楽しかったです。
30曲+1曲(ダンス)で約4時間30分の長丁場でしたが、合間にPVなどが入ったので、体力的には結構助かりました。というか4時間30分があっという間でした。
あと、驚いたのが特殊効果の多さ。分かっただけでも…
・シャボン玉×3(「beautiful day」など3曲で使われた)
・銀テープ×2(2回目の発射となった「message!」ではハート入りの銀テープが)
・風船
・炎(松明みたいなもの?「剣の舞」で使われた)
・スモーク
・火薬
と、まさにやりたい放題。ここまでいろいろやったライブは初めて見ました。
来年も可能なら是非とも参加したいです。

最後に、ゆいにゃんをはじめとする、ライブに関わった全ての皆様、本当に夢のような時間を有難うございました!
200910120750000
物販で購入したスポーツタオルに「Happy Birthday!」で降ってきた風船、「message!」で発射されたハート入り銀テープを入れてみました。

榊原ゆいValentine☆Love×ライブ2009 in 神戸。

 ゆいにゃんのライブに行ってきました。
 ゆいにゃんの生歌はドリパやスタチャドリームで聞いた事がありますが、今回のようなライブハウスでの単独ライブは今回が初参戦。

 13時過ぎにSITE KOBEがあるアスタくにづか4番館に到着し、今回のライブのチケットを譲ってもらえる事になった方を待つ。少ししてから会う事ができ、チケットを定価で譲ってもらい、しばし雑談。その後、もう一人チケットを譲る方が近くに着いたようでしたので、ここで別れて、暫く待機。13時45分くらいから整列開始し、14時過ぎから入場。コートと荷物をコインロッカーに入れて、後方に陣取る。ほぼ定刻通りにライブ開始。

01.Eternal Destiny
〈MC1+ダンサー紹介〉
02.キラリ☆夏
03.School meet you
04.すきッスSTEADY☆キッス!!
〈MC2〉
05.Fairchild
06.Blue eyes
07.SHOOTING STAR
08.夢の罪 -End in childhood-
〈MC3〉
09.月天子
10.SINCLAIR
11.Favorite Love
〈MC4+榊原ゆいバレンタインチョコ争奪○×クイズ大会〉
12.Doki Dokiが止まらない
13.HONEY
14.恋の炎
15.ZERO -神坂春姫ver-
〈MC5〉
16.Chu×Chu!!
17.dreaming

〈アンコール〉
〈MC6〉
18.片翼のイカロス
19.此の花咲ク頃
〈MC7〉
20.奇跡の絆
21.message!

〈ダブルアンコール〉
〈エンディングトーク&ゆいにゃんによる三本締め〉

 セットリストですが、mixiのゆいにゃんコミュニティのセットリストトピックから拝借致しました。まとめていただいたZERO.J@Oasis所属さん、有難うございます。
 実は今回のセットリストの中で、私が知っている曲は「Eternal Destiny」「恋の炎」「片翼のイカロス」の3曲だけでした。そんな私でも、今回のライブは凄く楽しむ事ができました。見ててとても楽しかったです。これだけ楽しめるライブなら、機会があればバースデーライブにも是非行ってみたいです。
 ちなみにクイズは、何故か最後の問題の前まで正解していました(笑)。最後の問題(サイン会やった場所の数)で予定通り(?)終わりましたが。
200903012201001
←会場を出る時に貰えた、ゆいにゃんチロル。

今日のお話&今後の予定。

今年になってから全く書いていませんでしたね…

書くネタが無かったんですorz

さて、今日ですが、自分が最も好きな声優の一人である新谷良子さんの5thアルバム「MARCHING MONSTER」の発売記念イベント(ポスターお渡し会)で、アニブロゲーマーズなんば店に行ってました。

今回は、以前に友人とともに作った、良子ちゃんへのトークCDを渡す事をプロジェクトの発案者(野川さくらさんのライブに行っていた為、こちらには参加できなかった)から依頼されていた為、手紙とともに、それを渡しました。流しもそれほど厳しくなく、ゆっくりお話できましたし、今回のポスターはサイン入り。短時間とはいえ、十二分に満足できるイベントでした。

明日から3月。今のところ、予定は・・・

7日:「バスカッシュ!」先行上映会@御堂会館

8日:西又葵先生サイン会@アニメイト日本橋

20~21日:東京国際アニメフェア

28日の良子ちゃんのバースデーイベントは落選しましたorz

門脇舞以トークイベント~同志社にきたっス!~ コーナー編

ここからはコーナーパート。

まずはイベント開始前に書いた「舞以ちゃんに言って欲しいセリフ」を使って、マイタ教授にいろんなセリフを言ってもらうコーナー。キャラとセリフが書かれた紙が別々の箱に入っており、それぞれ1枚ずつ引いて、言ってもらう形。

サーニャ(ストライクウィッチーズ)「おにいちゃん、あそぼ」

サーニャ「おなかすいた…」

月村真由(ご愁傷さま二ノ宮くん)「やっちゃえ~、バ~サ~カ~!」

白鐘双樹(双恋)「パンツじゃないから恥ずかしくないもん!」

イリヤ(Fate)「シャララシャラリとキラキラリ~ン!」(その後、本家であるベホイミバーションでも言ってくれました)

ベホイミ(ぱにぽにだっしゅ!)「おにいちゃん、大好きっス!」

サーニャ「おにいちゃん…」

イリヤ「師匠~えっちなのはいけないと思います」

イリヤ「やっちゃえ~、バ~サ~カ~!」

宇佐美々(こどものじかん)「おにいちゃん、おかえりなさ~い」

月村真由「二ノ宮くん、エクスガリバーですぅ~」

最初は4つの予定がエスカレートして10超えちゃってます(笑)。キャラはイリヤとサーニャに票が集まってましたね。

次は○×クイズのコーナー。抽選で4人選んでステージに上がってもらい、最初に3問正解した人にマイタ教授直筆のベホイミのイラスト色紙(サイン入り)が。

1組目。いきなり自分が選ばれ、ステージへ。

第1問:マイタ教授が生まれたのは9月8日午前中である→○

第2問:マイタ教授が2番目に好きな画家はゴッホである→×

第3問:マイタ教授の愛読書は「星の王子さま」で2冊持っている→×

3問であっさり決着。何と勝ってしまいました(笑)

第2問終了で自分を含む3人がリーチ状態でしたが、第3問で3人のうち自分だけ×にして、それが見事に嵌る事に。マイタ教授から色紙を貰い、更に握手もして、席へ戻りました。

この1組目は、プライベート問題が中心で、他にもこんな問題が用意されていました。

マイタ教授が使っている一眼レフカメラはニコンのD80である→○

飼っていた犬に「ナディア」と名付けた→×

走るのは遅いけど、長距離は得意だった→○

続いて2組目。今度はアニメ関連の問題が中心。

第1問:ストライクウィッチーズでマイタ教授が好きなキャラはエイラである→○

第2問:Fateでバーサーカーのサーヴァントはイリヤである→×

第3問:ぱにぽにだっしゅ!でベホイミが一番最初に言ったセリフは「遅刻するっス!」である→×

こちらも3問で決着。他にもこんな問題が用意されていました。

ベホイミがいたクラスは1-Aである→×

Fateでイリヤは主人公の事を常に「おにいちゃん」という→×

ストライクウィッチーズのサーニャはオラーシャ帝国出身である→○

続いて、みんなでアフレコのコーナー。こちらも抽選で3人選んで、マイタ教授と1対1のアフレコ。ちなみにシナリオを考えたのは、司会の方。

1本目:おにいちゃんと妹、妹がおにいちゃんを起こしに来るシーン。

2本目:大学の同級生、大学のキャンパス内でのシーン。このシナリオは台本に伏字あり(アドリフですね)。このシナリオの中に「社会学概論」の授業でガンダムやコードギアスの話をする、というのがあったのですが、これは本当に同志社大学の授業であったそうです。

3本目:2本目の続きで授業を受けた後の帰り道のシーン。何故かこの回だけ照明が落とされる(笑)

最後にマイタ教授と客席で記念撮影。一眼レフ持って来たけど、予備の充電池含めて全て電池が切れていたので、携帯で撮影(撮影はマネージャーの方)。流石に携帯で全体を撮るのは無理、という事で、6ヶ所で撮影し、どれかが日記に掲載予定らしい。

撮影後、DUALの女性メンバーの方から大きな花束贈呈。その女性の方としっかりハグしてました。

最後に「みんな、大好きっス!」と挨拶して終了。

無料で2時間のイベント。もし色紙を貰えなかったとしても、十分に満足できる内容でした。

惜しむらくは、平日だった事。去年の落合祐里香さんの時は日曜だったんだけど…。

それでも200人弱は居たと思います。半数近くが同志社大学の学生でした。

できれば来年以後、同様のイベがあれば、土日祝に開催して欲しいです。

Photo

門脇舞以トークイベント~同志社にきたっス!~ トーク編

昨年は落合祐里香さんを呼んだ、同志社大学アニメーション・ヴォイス研究会(以下DUAL)。

今年は門脇舞以さんを呼びました。

同志社大学今出川キャンパスに着いたのは17時。ただ、会場の建物が見つからず一苦労(去年とは別の建物だった)。何とか会場のある建物に入り、2階へ。事前申し込みをした人と当日券の人で列が分かれており、整理番号付きのハガキが届いている自分は前者の列に並ぶ。身分証明と荷物チェックをしてから会場内へ。会場は、かなり大きい教室で、その後のトークで分かりましたが、どうやら今出川キャンパスで一番大きい教室(約1000人収容)だったようです。座席は3×3の9ブロックに分かれていて、事前申し込みは前の3ブロック、当日券は真ん中の3ブロック、最前2列・両サイド5列・後ろの3ブロックは未使用。あと、前の左端からどんどん埋めていく形で、ハガキに書いてある整理番号は関係無しだったみたいです。

入場時に小さな紙が渡され、机には「舞以ちゃんに言って欲しいセリフ」「アンケート」の2枚の紙が。小さい紙は、イベント内のコーナー(○×クイズ・アフレココーナー)に参加したい人はこれに名前を書いて提出。セリフの方は「演じて欲しいキャラ」「言って欲しいセリフ」をそれぞれ記入して提出。

18時、イベント開始。司会はDUALの男性の方。司会の呼び込みで舞以ちゃん登場。衣装は事務所(カレイドスコープ)のブログを見ていただければ。まずはこのイベントでの舞以ちゃんの呼び方を決める事になり、大学でのイベント、という事で「マイタ教授」と呼ぶ事に。京都に来るのは今年3月以来で、兄が京都に住んでいる、との事(ちなみにマイタ教授は以前、京都大学の方でも同様のイベントをやっています。自分は行けませんでしたが…)。

前半はトークパートで、まずはマイタ教授への10個のQ&A。

1.貴方の名前は?→以下(ry

「以」を付ける前は字画的に最悪だったそうです。名前に「以」を付けるのは、事務所(カレイドスコープ)のみんなで字画などを考えてで、2日ほどで決まった、との事。

2.血液型は?→O型

気分屋で両極端、との事。歌詞を一気に書ける時もあれば、全然書けない時も。

3.自分の性格を一言で?→両極端

4.貴方の長所と短所は?

長所→人との出会いに恵まれている。

短所→ギャンブル運が全く無い。それなのに、やってしまう。

5.嫌いなモノ・好きなモノは?

嫌い→ハッカ飴・パクチー・アイスの棒(「歯がぐぐぐぐっ、となる」からそうです)

好き→モツ。あと、最近辛いモノが好きになったそうです(以前は苦手)。きっかけは自宅近くにあった店のタイラーメンに嵌って、2日に1度食べに行ってたそうです。でも食べ過ぎてお腹をこわした事も…

6.貴方にとってメガネとは?→生活の中心。

メガネは3本持っていて、乱視用2本・乱視近視兼用で自宅で使うのが1本。今日は1号機(本命)で、乱視用のもう1本は予備用(気楽に付ける時用)だそうです。あと、服1つ決めるにも、メガネを優先するそうです。

7.もし1週間オフがあれば?→旅行。行きたい場所は海外(行った事が無いそうです)。

8.最近ハマっている事は?→スーパーのちらしをガン見してチェックする事。ご飯を炊くのが最高に楽しいらしいです。

9.もし願いを3つ叶えられるとしたら?

・血圧を上げる(この前、献血に行った時に測ってもらったら92で、あと少し低かったら献血できなかったそうです)

・くせ毛をまっすぐにしたい(朝起きたら髪型が凄い事になっているから)

・両親を若返らせたい(自分だと中途半端になるけど、両親だったら元気になるから)

10.司会と見に来た方に一言→「元気があれば何でもできる!今日も元気に楽しい時間を過ごしましょう!」

ここからは声優になるキッカケやマイタ教授が演じたキャラについてのお話。

・声優になったキッカケ

高校生の頃は夢が無かったらしく、進路を決める時に「芸能人的なモノなら結果がすぐにわかるかも?」と思って、の事。両親は公務員になって欲しかったらしく、公務員試験の問題集が机の上に置かれていた事もあったそうです。美術系の大学に進み、大学3~4年の頃に専門学校に通い、卒業と同時に所属が決まって、それから両親に専門学校に通っていた事を伝えた、と。

・マイタ教授が演じたキャラについて

とにかく必死な女の子キャラが多い。

ベホイミ(ぱにぽにだっしゅ!)→外見がアレなので、声としてはギャップがあったらしい(オーディションの時は魔法少女バージョンのみ)。アフレコ現場の雰囲気は、とにかく人がギッシリだった、との事。ただ、スケジュールが中々合わせられず、特に仲良くなった声優は、いなかったそうです。ちなみに今回のイベントのサブタイトルは、このベホイミの口癖から。

サーニャ(ストライクウイッチーズ)→口数が少ないキャラなので、一言を入れるのに緊張した(例:第5話「眠い」「肌がヒリヒリする」)。小清水亜美さんとはアフレコ後に一緒に喫茶店に行く事が多く、時間を過ごし過ぎて終電を逃した事も多々あったとか。福圓美里さんには、このアニメのオーディションで、マイタ教授が熱があって上手く行かなかった事を慰めてもらったらしいです(ちなみにマイタ教授はオーディションではサーニャじゃないキャラで受けたそうです)。

さらに、同じ事務所で「こどものじかん」で共演している喜多村英梨さんを年下だけどおばあちゃんやお母さんみたいな気分で見る時がある、との事。

・声優界に入って嬉しかった事

とにかく毎日が新鮮な事。絵に進まなかったのは、一人でモノを作るのは、いつでもできるから、だそうです。

(以下はコーナー編へつづく)

「セキレイ」特典お渡し会&「神戸前向女学院。」公開録音in神戸大学。

まずはアニメイト天王寺での「セキレイ」特典お渡し会。
大体6~70人くらいいたかな?
なのにえらく流れが速い速い。皆もっと話してもいいと思うけど…
早見さん→香菜ちゃん→綾ちゃんの順でサインがプリントされているポストカードのお渡し。自分が最後だったので、ちょっと粘ってみたw

200811092246000_2
それでも、全て終わるのに25分程度だもんなあ。
個人的には、香菜ちゃんが一番印象に残りました。
あと、早見さんに「これから月海(井上麻里奈さんがセキレイで演じているキャラ)に会ってきます」と話して、「前女。」公開録音のチケットを見せたら、スタッフとともに面白い反応してました。

電車とバスを乗り継いで「神戸前向女学院。」の公開録音がある神戸大学六甲台キャンパスへ移動。
会場前に着いたのは、開場時間の13時30分頃。ただ、開場が遅れているみたいで、結局会場の教室に入ったのは13時50分頃。入場時に前女の校歌と2人の寄せ描き的イラストが入った紙が渡されました。席はC列2番だったので、3列目の左端…と思っていたら、そこでは無く3列目(1列目は使用せず)の真ん中やや右寄りと中々の好位置。
前の上下可動式黒板には上に前女の校歌、下に番組タイトルや落書きが。校歌は1番がかな恵ちゃん、2番が麻里奈さんが書いたものと思われます。

2Photo_2 机の上には前女ボールペンと小さな紙。番組スタッフからの諸注意の後、麻里奈さんとかな恵ちゃん登場。衣装は前女の制服(DJCDのジャケットで着ているのと同じ)。
早速公開録音…と思いきや、今回の公開録音のサブタイトルがまだ決まっていない、と言う事で、皆で決める事に。前述の小さな紙と前女ボールペンは、これの為に使った訳です(ちなみに前女ボールペンは今回のお土産として貰えました。このボールペンは他に3色あり、この3色は番組でおたよりが読まれたら貰えます)。

サブタイトルは皆で考えてもらう、という事でテスト形式に(笑)
2人は試験監督という事で、それらしくするために伊達メガネをかける事に。
約5分ほど考えて、回収。抽選BOXに入れられ、2人が何枚か引いてその中から決定。
結局決まったサブタイトルは…「愛を取りもどせ」。
このタイトルを書いた人には、後程特典が。
(結局この部分も一部放送で流れました)

改めてここから公開録音開始。今回は学園祭、という事でコーナーのタイトルもそれらしく。
まずは「前女的○○喫茶」のコーナー。
○○が書かれた紙が入った抽選BOXから1枚引いて、それでふつおたのコーナーを進める形。
まずかな恵ちゃんが引いたのは…イノ喫茶(要はアントニオ猪木喫茶)。
…先週の幻想を見たようです(笑)(詳しくはういういバスツアー1日目を参照)
次に麻里奈さんが引いたのは…若本喫茶www
引きが素晴らしいです(笑)(若本規夫さんは麻里奈さんの事務所の先輩です)
さらに皆で若本さんのモノマネで番組タイトルを言う事になり…

次に「占いの館 前女の母」。(本放送ではカット)
2人がお悩み解決、と言う事で、先程サブタイトルで選ばれた人が占ってもらえる事に。
その人は大学院生で、昔は器械体操をやっていたようですが…麻里奈さんが考えを無理矢理押し付ける形に(笑)

次は「前女ライブ2008」。(本放送ではカット)
2人が楽器を使って曲を演奏。演奏する曲は「はと」。
公開録音直前の放送を聴いていた方は分かると思いますが、かな恵ちゃんはリコーダーで演奏。
そして何を演奏するか知らされていない麻里奈さんが演奏した楽器は…小道具的なモノがいろいろ。
トライアングルやカチューシャ型の吹き戻しなど。
かな恵ちゃん、やはりリコーダーの演奏に苦労していました。さらに麻里奈さんが笑わせる形になっちゃってましたし。

次は「前女劇団」。(本放送ではカット)
今回だけのオリジナルラジオドラマの朗読。タイトルは…「マリナ様が見てた」(笑)
どう考えても例のあの作品のパクr(ry
しかも舞台となる学校名が「神戸百合向女学院」(笑)
麻里奈さんがお姉様キャラ、かな恵ちゃんが新入生キャラでしたが…お姉様キャラがやはり暴走キャラにw

次は「前女的おばけ屋敷」。
怖がりのかな恵ちゃんをターゲット、と言う事で、かな恵ちゃんには一旦退室してもらう事に。
…しかし、この「おばけ屋敷」というのは真っ赤なウソで、今月26日に誕生日を迎えるかな恵ちゃんへのドッキリ企画を麻里奈さん主導でやる事に。
その流れは…
教室の電気を消し、見に来た人は顔を伏せる

麻里奈さんの導きでかな恵ちゃん再入室、BGMはおばけ屋敷っぽいモノが

BGMの中で断末魔の叫び声を合図に見に来た人が机をバンバン叩く

麻里奈さんの「せぇ~の!」の合図で、見に来た人が一斉に顔を上げて「かな恵ちゃん、お誕生日おめでとう!」とコール

バースデーケーキ登場
かな恵ちゃん、見事な騙されっぷりが可愛かったです。嬉しかった事が本人のブログにも書いてあり、ちょっぴり安心。
最後に皆で「神戸前向女学院。」の校歌を歌い、2人が挨拶して公開録音終了。
公開録音だけで1時間30分くらいありました。

公開録音終了後、前女グッズを賭けての「前女名物萌え萌えジャンケン」。
賞品は3人に本日初売りの前女グッズ(Tシャツ・タオル・トートバッグ)を2人が用意した紙袋(いずれかのサイン&落書き(?)入りで、麻里奈さんが1枚、かな恵ちゃんが2枚。麻里奈さんは1枚でしたが、イラスト描いてありました。少なくとも「みなみけ」の夏奈は確認済)に入れて。
ジャンケン?1回で負けましたがorz
てかこの振り付け、どう考えても自分が行った事ある、秋葉原の某メイドカフェです、本当に(ry
で、最後に挨拶して終了。約2時間で本当に盛りだくさんの内容でした。

終了後、寄せ書きに書いて、暫くダベってから帰宅しました。

«ういういバスツアー2008in白樺高原~テーマは遊び~ 2日目